絆についての本をつくっています

絆について書かれた本

  現在とりかかっている仕事として、絆について寄せられた原稿を
 本にしようとしています。原稿はテーマによって寄せられたものな
 ので、個性豊かな、まさにその人ならではのものばかり。若い女性
 の「親に死ねといわれた日」など、ほんとうかなと目を疑いたくな
 るような悲しいものがあってつらくなりました。
  勇気をふるって投稿してくださったことを思うと、なんとしても
 世にだしたいと思い、編集してきたのですが、予想もしなかったこ
 とがおこり、悩んでいます。この企画を応援し続けてくださった
 高名な選者が亡くなられたのです。
  ほとんどこの選者の名前で信頼されていましたので、一部有料の
 同人誌の形のこの企画が行き詰まってしまいました。
  悩み続けていた私の目に飛び込んできたのが、寄付によってプロ
 ジェクトを立ち上げるという団体の名前でした。
 さっそく申し込んでみたのですが、却下されてしまいました。理由
 はわかりません。再度挑戦しようと思っていますが、今は個人の
 寄付でしか方向がみえません。
 著者だけではなく、ある程度の部数を刷り、震災で愛する人をうし
 なった人々にプレゼントしたいと考えています。
  今までも目的がただしいものであれば、必ず助けがくると信じて
 生きてきましたが、今回も思いもしない方法で助けられると信じて
 やり遂げたいと思っています。
  13名の記録は印刷するばかりになっています。
 
 たいという思いでいっばいですが、不測の事態で困難に瀕しています。
  
 ぱいです。ところが予想もしなかった事態になり、
[PR]
# by kayareiko | 2012-11-18 16:37

恋は人を成長させるか

 中高年の女性の多くが燃えるような恋をしたいと
思っているとあるデ-タで読みました。若い頃にそ
うした経験をもたずにきた人なのか、あるいはそう
でないのかわかりません。

 私も20代の頃は、生物が子孫を残したいという欲求
を誰しももっているように、さまざまな男性を好きに
なり、結婚を考えたこともありますが、究極にはほと
んど一目ぼれで結婚し、一人の息子を得ました。
 多分、容姿端麗、学歴高く、物腰が優雅という点に
惹かれたのは事実です。わずかの交際期間だったため
に、一緒に暮らすようになって、あまりにも生活感覚
が異なり、大変苦しみました。

 お互いの歩みよりができなかったために、8年あまりで
別れました。

 別れてからは、かえってとてもよい関係になり、お互いを
思いやれるようにもなりましたが。

 それからまもなく、出会った男性と恋をしました。
 ほのぼのとした生活感覚を持つ男性でした。
 
 結局結ばれることはできずに、彼の結婚によって幕を閉じ
たのです。はっきりとした理由も聞かずに別れたので、大き
な傷として私の心に残りました。
 会いたい思いを必死にこらえて二十数年過ぎました。
 ひりひりするほどの痛みは歳月でなくなることはありませ
 んでした。

 そうして一昨年、インタ-ネットによって彼の消息を知り
主宰するオーケストラの演奏を聴きに行きました。
 舞台の上の彼は、少し老いた感じはしましたが、魅力的でした。

 一度だけ会いました。お互いの歩んだ道を少しだけ語り、私も
自分が苦しんだことは伝えませんでした。

 仕事に没頭し、それなりの成果はあげましたが、私の心に
吹いている風は、まだおさまりません。 
 
 ただこれほどに人を愛せたということは、まさに勲章ものでし
ょう。多くの痛みとともに、人生に彩りを添えてくれました。
[PR]
# by kayareiko | 2011-10-09 19:02

よしもとばななさんについて

 ひさしぶりによしもとばななさんの「サウスポイント」を読んだ。
この世とあの世の境目を書ける作家と言われていたが、この作品
でますますその感を深くした。

 亡くなった人をこれほどあざやかに偲ばせ、会ってみたいと思わせ
しかも自分の恋人の弟としてなんて。
 
 ハワイという土地柄のもつ時間がとまったような感覚というのに触れて
みたくなった。

 この人のバリ島のことを書いた作品も読んだが、呪術の雰囲気のある
島が不思議な女友達を通して描かれていて、こんな人々が存在している
のか、それとも彼女の目を通しているから、すてきなのかがわからなくな
った。

 吉本隆明という類まれなる思想家の娘として生まれ、これほど感性の
優れた作家として世に受け入れられるというのは、確かに運命としかいい
ようがない。

 子は親を選んで生まれてくるというのは、今では定説に近くなっているが、
私も今の自分があるのは、才能あふれる親のもとではなく、平凡だが、
愛情深く、しかも不器用な両親のもとに生まれてきたせいだと思うようになった。

 決して望むような子供ではなかったのにもかかわらず、一生懸命理解しようとして
果ては誰よりも味方になってくれた。

 戦場で真っ先に死地に赴けるのは、もっとも愛された記憶のある人だと聞いた
ことがある。
[PR]
# by kayareiko | 2010-01-17 11:39

スロージョギングをはじめました


テレビの番組でみた遅筋の活用ということで、ウオーキングに
ゆっくりと走ることを取り入れてみました。

朝のウオーキングをはじめて今月で10カ月になりますが、
なかなか体重が減りません。マンネリになったのかなと
思っていたところ、ゆっくりというか、まさに小走りといった
ジョギングがあることをしりました。

中高年のジョギングの危険さは知っていたので、昨日から
ほんとうにゆっくりと走り出してみました。

どうでしょう。少しも疲れないのです。息も上がらないし、たった
一日で800グラムも減ったのです。

ただ少し困ったのは、歩きながら缶やビンが落ちていれば
拾っていたのですが、その都度止まらなければならなくなったこ
とです。

でも日によって落ちているごみの種類や量が違っている面白さに
気がついたところでしたので、まあそれも仕方ないかと思います。

ともあれ、すぐにやってみるという野次馬精神が残っていることは
うれしいかぎりです。

ただ行き交う人々が首をかしげているのはちょっと気になりますが。
[PR]
# by kayareiko | 2009-06-15 10:19

お金について

最近とくにお金とのかかわりあいについて考えさせられている。

昔からお金の貸し借りは友人を失うと言われてきた。

それまでのほんわかとした関係が、お金がからんでくると
とたんに本質が露骨に表れるということなのだろう。

でも本当に困っている人には、心ではなく、物やお金しか
助けてあげられないこともある。

明日食べるものがないときにひとまず、ご馳走されたら、
それがたとえ一杯のラーメンであっても本当にうれしいは
ずだ。

もしそれができないとしたら、人間的におかしいと思う。

理由はいろいろあっても、自分にはまだ食べるものがあったら、
どんな人でもなんとかすべきだと思う。

この十年以上の間、さまざまな場面に遭遇してきたが、
私が絶望して、最後にその人に会ってから死のうかと思って
会いにいったときに、彼女は黙ってそばにいてくれて、「これで
何かおいしいものでも食べてね」と言ってお金を渡してくれた。
 光がさしてきた思いだった。

 私もきっとこの人のようになろうと思って生きてきた。
[PR]
# by kayareiko | 2009-06-12 12:16

役割を演じる

この間テレビで面白い対談をみました。

劇作家とゴリラの生態を研究している学者とのものでした。

ゴリラには老後がないということ。これは繁殖を終えた40歳から50歳で
寿命が尽きるということのようです。

そうすると、仕事も子育ても終えて後、第二の人生を生きるということは
人間ならではの特徴であるということで、まさに課題になりそうです。

もう一つ劇作家の言葉で気になったことがあります。

「役割を演じることは悪いことだ」と思われている風潮があるようだが、
これは間違いだと思うということでした。

若者が「いい子を演じるのに疲れた」と言って登校拒否になったり、はては
自殺したりするなどと聞くと腹立たしくさえなるというのです。

相手を理解したり、信じるということは、相手の役割を演じてみるということから、
コミュニションが生まれるという心理療法があるくらいなので、もっとそれを
楽しむことでたくましくなれるというのです。

母親の役、父親の役、社員の役、社長の役、やっているうちに何かがわかってきて、
それを取り替えたりしてみると、もう一つの生き方がわかって、大きく成長できる
というようなものらしいのです。

私も本音で生きるという言葉が好きで、それが受け止められるように生きてきたつも
りでした。

でも本音ってなんだろうと思ったときに、仕事をしている自分、時にはおちこんだり、
だらしなかったりする自分、全部ひっくるめて本当の自分と思えば、そうしている自分
を楽しむということになれば結構楽かもしれないと思いました。

今私はこういう役を演じていて、それなりに楽しいという境地に達することができれば
としみじみ思ったのです。
[PR]
# by kayareiko | 2009-05-18 12:55

動物愛護にたずさわる人々


 今回仕事の上で、捨てられた犬や猫を引き取って育てている人の自分史の

 書店売りのお手伝いをさせていただくことで、接点がありました。

 素晴らしい仕事だと思いましたので、私としては、出版業界の実情をお話
 しながらほぼ一月近く進めてきたのですが、昨日キャンセルになりました。

 ショックでした。

 こうした仕事はできればボランティアでされることがいいのでしょうが、たずさわる
 スタッフのことを考えるとそうもいかず、今までよりも安く設定した見積もりを出した
 つもりでしたが、されでもきつかったようです。

 出版社、プロダクションとそれぞれの役割がありますので、私の仕事の進め方に
 問題があったのではと、本当に落ち込んでしまいました。

 ただ時間がたつにつれてわかってきたことがあります。

 こうした方たちはもしかしたら偏見や迫害の中でひどく傷つけられてきたかもしれな
 いということです。

 いいことをしているからといって、必ずしも好意的に迎えられるとは限りません。

 近所のひとから、心無い言葉をあびせられたり、何匹かは毒殺されたことが書かれて
 います。

 後援者がいても、財政的にも,精神的にも相当つらいものがあったと思われます。

 行政の援助はないのでしょうか。

 くじけずにがんばって欲しいと思いながら、やはり私の中に理解不足があったのでしょう。

 理解は愛情につながると言われます。

 知らない世界に対する心からの温かい受け止め方がつくづく必要だったと反省しました。
[PR]
# by kayareiko | 2009-05-13 10:14

ファン・ジニを見終わって


韓国の妓生の芸と恋のドラマ全8巻を今朝見終わりました。

テレビで放映しているときは別のドラマをみていたので、なんとなく
絵空事のように思って最初は気がすすまなかったのですが、見始
めたらとりこになってしまい、次々と借りてきてしまいました。

恋をとるか、芸の道をとるかという女性にとってはつらい選択を強い
られるドラマでしたが、全編を流れる情愛の濃さには圧倒されました。

権力志向の強い仲間たちに囲まれ、ヒロインだけが、舞いの深さ、華麗
さを追求しながら、最後にたどりついたのは民衆の中に溶け込んでゆく
本来の原始的な踊りにたどりつくという設定は、期待をうれしい形で裏切
るものでした。

かつて武原 はんさんを評して周囲を1間四方染め上げてしまうと聞いた
ことがありますが、日本舞踊もバレーもたしなんだことのある人には特有の
優雅さがあると思いました。

しぐさの美しさは短期間に習得できるものではありません。

美貌のヒロインでしたが、残念ながら本職のすごさには及ばず、あらためて
その道を長年歩んできた人のたたずまいを見てみたいものだとしみじみ思い
ました。

団塊の世代の女性たちの希望するのが、素敵な恋をしたいということだとか。
あるデータで読みました。
このビデオを見たら、どんな感想をもつのでしょうか。
[PR]
# by kayareiko | 2009-04-19 14:49

好きな作家のエッセイ


好きな作家は宮本輝さん、小川洋子さん、田辺聖子さんほか沢山いますが、とくに宮本輝さんは
「錦繍」が好きで、有名な泥の河も嫌いではないのですが、誰かが「花も実もある嘘」と彼の
作品を評したというのにもしかしたらぴったりかも。

エッセイを読んでいるとその秘密がわかるかもと思って探っているのですが、なかなかわかりません。

ただ彼の自伝的小説といわれる「流転の海」にでてくるお父さんには、ひ弱でどうなるかを心配させた
まま逝かせてしまったのは、ファンとしては残念でたまりません。芥川賞をとったのをみせられたらなと 
思ったのは私だけでしょうか。

父親が文学青年であった人で、作家として名をなしている人には沢山います。

もしかしたら、作家として生きてゆければという父親の願いを体現しているのかもしれません。

森村 桂さんという作家がいましたが、父親が売れない作家であったために極貧であったことが
作品の中に出てきましたが、もう亡くなりました。

一部の作家を除いて大半が今でも貧乏でしょう。

ただ作家は書きたいテーマを持って登場するのが大半ですから、あまり平和に過ごしている人には
テーマがみつからないままというのが、無難でよいのかもしれません。

作家の印税生活にのみ憧れている人は見受けますが、実際は締切に追われる暮らしでしかも、テーマ
がないとしたら目もあてられません。
[PR]
# by kayareiko | 2009-04-16 15:18

優しくなければ生きている資格がない

かの有名なレイモンド・チャンドラーが本の中で語った言葉です。

その前に「強くなければ生きてゆけない」とありますが。

今朝のラジオ深夜便で京セラの稲盛氏が経営哲学を聞かれて話したものです。

素晴らしい業績をあげた会社の経営者だった氏が、出資をしてくれる人が
あって始めた会社で悟ったのは、「人が大事」ということ。そしてまた善悪が
基準であると、語っていました。

強さばかりが強調されている世の中で、結局は温かさや優しさが人をつなぎ
とめるのだとも語っていました。

優しさは弱さと一体のように思われていて、かつての男性に求められる要素は
強ければ、少々冷たくてもかまわないといったものでした。

私の周囲をみまわしても、高い地位にあった時には少々ワンマンで冷たくても
許された人が、その地位を追われたとたんに誰もついてこなくなるという例を
見たことがあります。

優しさの表現はなかなか難しいのですが、相手のよさを認め、尊重することに
つきるかもしれません。
[PR]
# by kayareiko | 2009-04-14 09:33